いしたま〜和歌山民医連・医学生のための情報サイト〜

中・高学年向け  模擬主治医体験実習プログラム

ひとりの患者さまを模擬主治医として担当します。副指導医・指導医が直接指導にあたります。

患者さまに関わる病院部署や診療所、訪問看護ステーションでの他職種とのカンファレンスを参考にしながら、実習最終日に症例発表をします。

1日目

AM 患者さまの紹介
カルテ作成(身体所見・検査データチェック・画像診 断など)
ランチカンファレンス(指導医との振り返り)
PM 部署訪問
ミニカンファレンス(指導医と1日の振り返りとまと め)

2日目

AM 部署訪問・カルテ作成
ランチカンファレンス
PM 訪問看護・往診実習
ミニカンファレンス(指導医と1日の振り返りとまとめ)

3日目

AM 部署訪問・カルテ作成
ランチカンファレンス
PM 症例まとめ
症例発表・実習総括

※上記はプログラムの1例です。ご都合に合わせ2〜7日間まで受け入れ可能です。また、半日〜1日の病院見学コースやOpe見学コースも用意しております。

実習参加学生の感想
  • 主治医として患者さまの疾患だけでなく、生活背景や社会背景を掴むことの大切さを学びました。
  • チーム医療を重要性を実感できました。中小規模病院ならではの特徴だと思います。
  • 指導医・副指導医の先生に指導していただき、初期研修のイメージが持てました。
    などなど