トップページ > いしたま〜医師・医学生情報サイト〜 >  地域総合内科・家庭医コース後期研修プログラム

いしたま〜和歌山民医連・医学生のための情報サイト〜

和歌山生協病院 地域総合内科・家庭医コース後期研修プログラム

はじめに

第一線の医療機関であ る中小病院や診療所では、専門分野のみではなく総合的に患者を診れること、家庭医としての力量も持つことが求められています。地域総合内科・家庭医コース 後期研修プログラムでは、@プライマリヘルスケアが行える研修を行い、診療所が担える力量を持つ A内科医として、総合性と同時に専門的な力量を獲得す る。ことを目標とします。病棟医療も行える家庭医を目指します。

研修目標

プライマリヘルス ケアを行える能力の獲得

わたしたちの医療機関では、「患者様の人権を守る基本的、総合的な診療能力の獲得」を目指した研修を行っています。これがプライマリヘルスケアです。「プライマリケア」としての診断治療能力と、「ヘルスケア」としての「健康に生きるための権利を守る活動」を身につけることが臨床医に求められています。病気だけでなく介護問題、リストラによる生活困窮などさまざまな問題が患者様やその家族に発生しています。患者様を全人的にとらえ、患者とのコミュニケーションや信頼関係を構築し、研修医が主治医として対応する中で、プライマリヘルスケアを行える能力の獲得を行います。

専門性と総合性の調和のとれた医師としての能力の獲得

私たち中小病院の医師集団は、専門性と総合性を対立させて捉えず、集団の力でバランスよく統一して追求します。一人ひとりの医師が患者様を総合的に診る力量を高め、医師集団としては診療科を越えた協力を強めることが大切です。

患者様を全身的、全人的に診ることができ、技術的にも社会的にも問題解決ができる力量の獲得を重視します。そのために病院の医療活動だけでなく、診療所や老人施設、往診、健診活動などを研修場所として位置づけています。一般外来や診療所外来だけでなく、高齢者の医療・福祉の課題に積極的に参加して研修を行います。

また、1年目の研修医の相談役的な指導に携わる中で、教育者としての研修を位置づけます。この中で、自らも学ぶ姿勢で取りくんでいきます。

問題を解決する能力の獲得

後期研修医となると、いろんな患者様の抱えている問題点をどう解決するかを判断しなければなりません。診断、治療の適応における問題解決だけでなく、患者様の社会的、経済的な問題点を総合的に解決する能力が求められます。主治医として患者様に責任を持つ姿勢を追求するなかでこそ、総合的な問題解決能力が獲得できます。このため、病棟で受け持ちになった患者様は、出来るだけ自分の外来で診療し、在宅医療も含めさまざまな問題点に対して主治医として解決にかかわるようします。

チームリーダーとしての力量の獲得

医療は他職種との協力ですすめなければなりません。お互いに対等平等の関係を保ち、「患者様との共同の営み」として医療を行っていくことが大切です。そのために、研修医が集団医療のなかでリーダー性を発揮する能力を身に付けることです。カンファレンスを重視し、他職種の意見も聞き入れながら治療方針を決めていくことも必要です。特に高齢者の在宅医療やリハビリについてはいろんな社会資源の活用が必要になり、ケースワーカーとのかかわりが重要になります。チームリーダーとしての研修を重視します。

研修機関と受け入れ定数

2年間の初期研修終了後の医師(終了直後でなくてもよい)

3年間、定数毎年2名

研修施設

和歌山生協病院、和歌山生協病院附属診療所、生協こども診療所中之島診療所、生協芦原診療所、河西診療所、おおみや診療所

協力病院:耳原総合病院など

研修カリキュラム

後期研修3年間の研修スケジュール(例)

期間

施設

内容

1年目

6ヶ月

和歌山生協病院
和歌山生 協病院附属診療所

プライマリケア総合研修(病棟・外来・当直・在宅医療など)

6ヶ月

和歌山生協病院
和歌山生 協病院附属診療所
外部

内科研修(病棟・外来・在宅医療など)、外科研修(救急外来など)

外部研修(内科・外科・小児科以外の科、救急・集中治療部門など)

2年目

1

耳原総合病院

内科研修(病棟・救急外来など)、選択研修(産婦人科・精神科・整形外科・皮膚科・泌尿器科・眼科・耳鼻科な ど)

3年目

3ヶ月

和歌山生協病院
和歌山生 協病院附属診療所

内科研修(病棟、外来など)、回復期リハビリ病棟研修

3ヶ月

和歌山生協病院
生協こど も診療所

小児科研修

6ヶ月

中之島診療所・生協芦原診療所・河西診療所・おおみや診療所のいずれか

診療所研修

1年目
1、和歌山生協病院でのプライマリケア総合研修 1年目の最初の6ヶ月間

@)病棟研修

プライマリケア総合研修では、病棟研修は、内科の専門分野別病棟ではなく、混合内科病棟で6ヶ月間研修を行います。診断の確定していない患者、重症患者、在宅医療へ移行する患者、ターミナル期の患者などを担当します。また、リハビリ病棟についても研修していきます。この中で、内科一般の幅広い問題解決能力の習得を目標とします。

A)外来研修、当直研修

外来や診療時間外診療で小児から高齢者までさまざまな疾患の対応が求められます。初期研修にて小児科、外科研修が必修とされていますが、当院でも最低必要な知識と技術を身につけることを目指します。内科一般外来を担当し、継続的な外来患者管理を行います。小児科・外科の外来を中心とした研修を取り入れ、時間外、当直時におけるプライマリケアの外来、救急対応の獲得を目指します。

B)在宅医療研修

和歌山生協病院附属診療所の在宅医療の1単位を主治医として担当します。

2、和歌山生協病院での研修 1年目の7ヶ月目から6ヶ月

@)プライマリー総合研修の後、専門性のある3つの病棟(循環器・呼吸器・糖尿病・神経)(消化器・腎透析・外科)( 回復期リハビリテーション病棟)で、専門性のある疾患について深めます。また、救急外来での外科症例の研修、外科転科症例などで、外科研修を深めます。

A)外来については、週1〜2単位を継続的に担当していきます。

B)在宅医療についても、継続的に担当していきます。

C)総合内科医として獲得すべき技術として、腹部エコー、心臓エコー、上部消化管カメラについて研修を位置づけます。

D)和歌山生協病院(内科、外科、小児科)で経験できない科については、他院への外来見学などで研修します。救急・集中治療部門については、月単位で外部の病院への出向研修を検討します。

2年目
1、耳原総合病院での内科研修

@)内科医として、基本的力量の獲得の後、より専門的な病棟研修、救急外来研修、技術研修を目指します。期間と内容については、個々の研修医と相談して決めていきます。

A)和歌山生協病院では経験できない産婦人科、精神科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻科などについて、外来見学などで研修を行います。

3年目
1、和歌山生協病院で総合内科および回復期リハビリテーション病棟にて3ヵ月間

総合内科医として病棟、外来を担当していきます。初期研修医の指導医としても関わります。また、リハビリテーションについて研修を深めます。

2、和歌山生協病院での小児科研修(3ヶ月)

T.小児科初期研修の目標

小児疾患は多くの面で内科と異なった特性をもっています。将来小児科を専攻しない医師にとっても、小児を診察できる力量を身につける必要です。病棟での入院患者の研修とこども診療所での外来を中心とした研修を行います。

U.行動目標

  • 正常児の発育・発達をできる。
  • 日常よくみる小児の疾患ならば、1人で対応できる。
  • 小児の救急疾患に関して、初期判断と対応ができる。
  • 代表的な慢性疾患の病態と管理について理解している。
  • 重症度の評価ができ、適切に指導医または専門医にコンサルトできる。
  • 母子保健の意義を理解し、予防接種・乳幼児健診等が指導医のもとで実施できる。
  • 患者家族の心情を理解し、良好なコミュニケーションがとれる。
3、診療所での研修 3年目の後半6ヶ月

病棟での内科の専門的な研修がすみ、小児科を研修した後、3年目の後半に6ヶ月間、診療所で研修を行います。個々の研修医の条件に応じ、指導医のもとでの副所長として、研修を積みます。外来、在宅医療を主に担当していきます。診療所研修中も、和歌山生協病院での半日〜1日の研修を設定します。地域を見る目、社会的背景のなかで患者様やその家族をとらえる視点を身につける絶好の機会として重視しています。医師研修の面で優れている点は、自分の行った医療行為の結果が直接よく見えて自信につながること、地域の患者様の目線で医療を実践できることです。医療機関(診療所)と地域との関係が密接でわかりやすいことも利点です。地域や患者様の医療要求を肌で感じ、医療をより広い視野で捉えられるようになります。しばしば、患者様の抱えている問題を解決しようとするとき、診療所だけでは解決できないような社会的問題にぶつかります。その時に、患者様の立場に立ってどのように解決すればいいのかを考え実践することも重要です。この中で、家庭医としての専門的な力量の研修を深めます。

3年間を通して共通する研修

後期研修3年間の研修スケジュール(例)

  • 学会・講習会等への参加、研究発表への取り組み
  • 後期研修医として初期研修医への指導への取り組み、指導医講習会受講など
  • 医療生協の班会などの健康教室、健康診断など健康作り運動への参加

指導体制

研修プログラム責任者

畑伸弘(和歌山生協病院・内科)

家庭医療指導医

畑伸弘(和歌山生協病院・内科)
坂口学(和歌山生協病院・内科)
三谷尚史(和歌山生協病院・内科)

専門診療科指導医

古田光明(和歌山生協病院・内科)
土生晃之(和歌山生協病院・内科/リハビリ科)
田端好成(和歌山生協病院・外科)
木津俊一(和歌山生協病院・小児科)
井戸茂樹(河西診療所)
耳原総合病院各科医師

診療所医師

奥村明春(おおみや診療所)
山本純嗣(生協芦原診療所)
井戸茂樹(河西診療所)

評価とフィードバック

後期研修3年間の研修スケジュール(例)

  1. 1〜2ヶ月に1回の研修委員会を持ち、自己評価を元に、指導医、パラメディカルスタッフと共に形成的評価を行います。
  2. 6ヶ月ごとに、研修総括会議を持ち、自己評価、到達チェックを行い、次の研修予定を定めます。
  3. 日本家庭医療学会の定める研修目標に当院独自の研修目標を加え、ポートフォリオ、研修レポートによる評価を行います。
  4. 後期研修終了時点で家庭医療学会専門医試験の受験を目指す。

応募方法・連絡先

採用予定日

随時(要相談)

出願手続

履歴書、医師免許 (写)
研修経歴書(修了書)

申込先

640-8390 和歌山市有本143-1
和歌山生協病院医局事 務課 宛
Tel:073(471)7711
-mailwaseikyokensyujtw.zaq.ne.jp

処遇

身分

常勤職員

給与

卒後3年目 月額 442,020円(諸手当・賞与あり)

休日

4週6休、夏期休暇、 年末年始休暇、有給休暇あり

その他 学会参加保障、各種社 会保険完備

研修終了後の進路

和歌山生協病院でのスタッフ医師としての就職を希望されるときは、研修医本人の希望や適性に応じ、和歌山民医連医師委員会で対応する。

ページトップに戻る